使いにくい財布とは

使いにくい財布というのは、やはりお札や小銭が出しにくい財布ではないかと思いますね。

 

また、ファスナーの滑りが良くなかったりするとお金を出すのに時間がかかってしまってイライラしてしまいますよね。

 

長財布がこのようになりやすいと言うことですが、財布の中にたくさん入る分場所を取るのでバックから取り出すのが面倒だと言う方もいらっしゃるようです。

 

しかしある人にとっては、折り畳み式の財布はあまり多くのお金が入らないということと、すぐにパンパンに膨らんでしまうので見栄えも悪く使いにくい財布であると考えるようです。

 

さらに、三つ折の財布の場合はズボンのポケットなどにコンパクトに入って便利なのですが、その反面クレジットカードなどが勝手に落ちてしまうので使いにくいと言う方もいらっしゃいます。

 

そうなるとどのタイプの財布も一長一短ということになると思いますが、要はその人がどのように使うかによって使いやすくも使いにくくなると言うことでしょう。

 

ちなみに私の場合は長財布を使っていますが、ゆったりとしたバックをいつも持ち歩いていますのでさほど取り出すのに面倒だと言うことはありません。

 

私からすると、使いにくい財布と言うのはむしろ二つ折りや三つ折の財布の方だと思います。

 

ちなみに友人は二つ折り財布を使っていますが、彼はポケットに入れているその財布を何回も落とす常習犯なので、私の場合はそんな彼を見てバッグに入れる長財布にしようと決めたのです。

 

こうして考えてみますと、普段から財布をどのようなスタンスで使っているかによって使いやすさが違ってくるのだと思いましたね。

金運アップにパワーストーンをどうぞ♪

ヒラオカ宝石